体験

痛々しさは伝わるが(真の)痛みは分からない。嬉しさは伝わるが(真の)喜びは分からない。これは実際に体験したかどうかの違いである。体験したことのない人は、他人に共感できたとしても真の痛みや喜びは決して分からない。これは体験した人だけの特権である。

(1)体験しよう。やったことのない人がいくら講釈を垂れてもそれは知識の切り売りでしかない。その程度の多くは本を読めば分かる。あくまで知識だ。

(3)体験しよう。失敗してもいいじゃないか。多くの失敗こそが真の成功を生む。そうでない成功はフロック(まぐれ)だ。挫折のない人は、いざという困難に弱い。

(2)体験しよう。知識では伝えきれないものがそこにある。文章で言えば行間。それは身をもって体験した人でなければ読めないし、言えない。

(4)体験しよう。多くの失恋が本当の恋を生む。真に求めている人は多くの失恋の先にきっといる。

(5)体験しよう。体験は人を強くし、次のステージへと成長させる。