ミドルオフィス改革

仕事には、フロントオフィス、バックオフィス、ミドルオフィスの3つがある。フロントは、業績を生む最前線であり、営業や工場などに相当する。バックは総務、経理、人事、情報システムといった裏方。最後のミドルは、営業事務などフロントの身近にいてフロントをサポートする部門である。これからの時代は、バックオフィスのミドル化、すなわち多能化により、総務業務に加えてクライアントへの商品案内を行ったり、フロントに成り代わって企画立案するなどフロントメンバーが顧客創造に集中できる環境を提供できる部隊が不可欠である。強い組織ほどこのミドル機能が強い。これは業種業界を問わずである。ミドルオフィス改革、難しく考えず、「それってフロントメンバー以外の誰か、やれないの?」そこから始めればいい。