負けん気

負けん気とは、負けたくないと思う気持ち。人はライバルとお互い切磋琢磨しながら成長する生き物であり、ライバルに、そして自分自身に打ち勝とうとするこの気持ちは、極めて重要な要件の一つである。時に想像を上回るエネルギーを与えてくれる。

ところで私はチャレンジして負けることは構わないと思う。やらずしての後悔よりもやった上での後悔の方がより多くの教訓が得られ、進化する、納得もできる。何より負けることによって次こそ勝とうという気がさらに高まり、それが新たなエネルギーになる。チャレンジする気持ち、この負けん気を大事にしよう。最後であるが、負けたことのない人の負けん気は本物ではない。真の負けん気は負けるところから生まれる。負けることを恐れず絶えず挑戦していこう。