成果

ビジネスの世界で仕事をしていくからには、大事なのは「成果」、それしかない。学生の時代までは努力していく過程が大事と教えられ、テストや運動会などでは順位をつけることさえ避けれらてきたが、いよいよそのような世代が今、続々と社会に入ってきている。
ところで中に評価ばかり気にする若者がいる。その割に努力する気配は見当たらず、何かと人や世の中のせいにする。残念ながら年功序列が崩れようとする今、早期戦力の者以外は転職の度にステージアップどころか以前より処遇の悪い企業を転々とする悪循環のシナリオに陥っていく。すべてとは言わないがそのようなケースをこれまで数多く見てきた。
はっきり言うが、大事なのは成果であり、そのためには成果に至るプロセスを自ら仮説、実証していくことだ。徹底的に自身で考え、分からなかった調べ、時に周りの者から聞きまくる。そうして掴んだ成果こそが本物であり、やがてその積み重ねが大いなる自信へと繋がる。そのような人間には評価は後から必ずついてくる。