属人経営から組織経営へ転換

先代社長からバトンタッチを受けた若手後継者。思ったように人心掌握が行かず、業績や風土、共に今ひとつ。T社もその中の1社。そもそも創業者やカリスマ性のある社長は、会社の全てを掌握しているものであり、後継者にそれを求めても無…

軸のぶれない経営

会社を経営していく上で最も大事なことは何ですか?という質問に対して私は以下の骨格が大事だと答えています。経営の根幹をなすものは、一貫した経営ビジョン・戦略・管理の体系にあります。ビジョンとは、どんな会社になりたいかであり…

企業の盛衰を決する事業承継

最近、事業承継に関するご相談が非常に多くなってきています。社長が65歳、後継者が40歳というのが平均的なところでしょうか。しかしながら最近は後継者が30歳代というケースも増えてきています。先手先行での事業承継の準備という…

方針がスローガン倒れ

ある若手経営者からのご相談。『経営方針がスローガン倒れ、組織にケジメがない』という。この会社、決めたことを着実に実践し、成果に結びつけていこうという実行力、執念が不足。そこでまずは身近なところ、今回は方針を推進していく会…