やるという意志

若者からよく”やりたい”という話を聞くが、”やる、やってみせる”という話はあまり聞かない。やりたいという希望だけでは進まない、やるという意志をもったとき、はじめてゆっくりにしろ歯車が回りだす。ただやりたいというだけでは逃げ道ばかりつくってしまう。やれなかったらどうしようという前にまずはやってから考えてみてはどうだろう。やってみてできなかったのとやる前から逃げているのでは大違いだ。後者はまだ土俵にさえあがっていない。成功や成長、新たな発見はやるという自分を前に押し出す勇気からはじまる。

無理

無理とは、行うのがむずかしいこと、困難を承知で強引に行うこと。ある時期、人は無理をしなければならない時がある。しかし、その無理をした分だけ人は成長する。この程度でいいだろう、といつも早めに見切りをつけていてはできることしかやらない習性が身についてしまう。無理を続けているともはやそれは無理でなくなる。無理を無理なくできる自分が創造できるのだ。