ビジョンなくして経営なし

経営ビジョンとは、企業が求める将来像を描き、明示したものである。それは、経営者の頭の中にとどめず、明文化され、全社員に理解されるものでなければならない。ビジョンは企業経営におけるガイドラインであり、全社員が具体的な将来像を共有化することにより、はじめて一丸体制が可能となり、社内も活性化する。特に最近、社員から「我が社の将来が不安」「我が社にはビジョン、夢がない」などの声を聞くことが多くなってきた。つまり、会社にビジョンがない状態は、企業がどこに向かっていっているのか分からないということを意味しており、あてもなく漂っている難破船状態を指している。ビジョンという行き先を定める。全社員でめざすべき将来像に向かってベクトル合わせをすることで一体感が高まり、社長の求心力も高まる。

理想と現実

理想とは果たして非現実か?私は、これまで常にあるべき姿を描き、そこに現実を近づけていくことが課題解決と信じてきた。ところが最近、若年層に、あるべき姿は単なる理想論であり、それよりも目先の事実をどう考えて行動していくかが重要という現実論が台頭してきているように思える。確かに物事をより現実的に捉えようとすることは大事だ。しかしながらこれでは、出来ないことは理想論であり、出来ることだけやっていればいいという現実逃避になりがちだ。恐らく経済界や政界をはじめ世の中が理想やあるべき姿を提示出来ていないことも理由のひとつと思われる。先行きの見えない時代、だからこそあるべき姿としての理想を掲げ、そこに向けて果敢に挑戦していくことに価値があるのではないだろうか。

コストの動きから目を離すな

ポスト2020、大変厳しい時代になってきた。このような時は、売上拡大も大切であるが、日々、変化する足元のコストの実態把握が何より欠かせない。例えば、材料費。直近の原材料や部品・副資材等の価格をもう一度おさえ直してみよう。徹底して合い見積もりを行い、場合によっては購入先や購入ロット、輸送手段等の見直しも検討してみる必要があろう。続いては、人件費。人件費そのものの見直しは当然のことであるが、本来、追求すべき本質は、人的生産性にある。そのためにはまず、部門別、商品別、得意先など細かく採算をおさえ、自社の利益の源泉をつかむ必要がある。何で儲かっているのか、誰が足を引っ張っているのか、今後どこと付き合っていくべきなのか、数値でしっかりとおさえる必要がある。感覚と実態は時として大きく食い違うものである。コストは生き物。適時的確な営業政策や経営判断に活かしていくためにも常にコストの動きから目を離してはいけない。

何気ない行動がその人の人生を決める

何気ない一つ一つの行動がその人の人生を決める。よく成功者が取り上げられる時、その人にとって成功とは一瞬の出来事のように感じられるが、実際のところ、成功は不連続な成果の集まりであり、それらの成果は一つ一つの行動の積み重ねによってなされる。細事を大事にしたい。日常の規律や礼儀、きめ細かな配慮ある仕事、それらのひとつひとつが積み重なってその人の力となり、周りからの信頼となる。年配者に対する敬意、感謝の気持ち、礼儀作法、整理整頓、日々の報連相、言葉づかい、それらは人によって異なり、また、結果・成果も変わる、そして人生が変わる。最近、各企業においてもこれらの行動が伴っていない社員をよく見かける。誰も注意しない。それはやがて風土となり、企業体質を蝕んでいく。原点回帰、まずは自身の細事の見直しから始めよう。