言葉の経営 ~言葉で知る経営の本質~

自己改革

ある経営者から相談を受けた。その内容は「どうしたら人の意識は変わりますかね。幹部50歳にもなればもう変われというのが無理なんでしょうか」ということだった。確かに若い人に比べれば、豊富な人生経験がかえって固定概念を抱かせたり、なかなか謙虚にな...
言葉の経営 ~言葉で知る経営の本質~

一生懸命

一生懸命とは、辞書では「命がけで物事を行う。全力で何かをする」とある。私は、「今を精一杯生きる」ことととらえ自分なりに頑張ってきた。長い人生、その時その時を一生懸命に生きようと。人間がダメになってしまうのは、何かつらいことや気になることがあ...
言葉の経営 ~言葉で知る経営の本質~

ビジョン

多くの経営者と話していると頻繁に出てくる言葉、それがビジョンである。ビジョンとは夢、あるべき姿、めざすべき将来像。企業の将来、日本という国の未来のあり方、各人の夢である。足元の景気に右往左往している今、ビジョンというと何を呑気なとか、ビジョ...
言葉の経営 ~言葉で知る経営の本質~

顧客満足

お客様満足、CS。これも使い古された言葉だ。しかし奥は実に深いような気がする。満足度のレベルがある。第一レベルは、最低限であり、たとえばタクシーであれば目的の場所まで安全に移動させてくれるというもの。第二レベルになると適度なあいさつで気持ち...
言葉の経営 ~言葉で知る経営の本質~

とりあえず

(1)とりあえずそこに置いてて! 最初から決まった置き場所を指定してくれたら、二度手間にならなくて済むのに。後で片付けないといけないし、ついついそのままというケースもあるだろうに (2)とりあえずここまでにしておくか! 後一歩の努力で真の...
タイトルとURLをコピーしました