思考

言葉の経営 ~言葉で知る経営の本質~

事実

現代は、新聞、雑誌、テレビ、インターネット、SNSなどと情報過多の時代と言える。それだけに大事なのは何が真実で何が虚偽かということ。たとえ事実でなくても話題に飛びつき、時に虚偽と分かっていても話題を作ろうとするのがマスコミ。惑わされてはい...
言葉の経営 ~言葉で知る経営の本質~

リバース

リバースな発想は時にブレイクスルーをもたらせてくれる。人はあることを願うばかりに気持ちが空回りし、うまくいかないことがよくあるものだ。そのような時は、願っていることと反対のことを思ってみることで意外と悩みや迷いから脱却するきっかけがつかめる...
言葉の経営 ~言葉で知る経営の本質~

結果とプロセス

プロセスとは、物事が進行していく一連の道筋であり、それらを通して結果が生み出される。例えば、業績そのものは結果であり、そのための一連の取り組みがプロセスである。業績が良い悪いだけで評価するのではなく、良い結果を生み出すプロセスをいかに組み立...
言葉の経営 ~言葉で知る経営の本質~

数値感覚

物事を表現するのには、定性と定量がある。「徹底的にコストダウンを推進する」は定性的表現であり、「30%のコストダウンを推進する」は定量的表現である。より客観的に物事を捉えるためには、後者のごとく数値でおさえることが不可欠と言えよう。仕事上、...
言葉の経営 ~言葉で知る経営の本質~

論理的思考

論理的思考とは、"自分はこう思う"という判断に対し、"なぜならば"という論拠であり、それらが整然と関連づけられることでストーリー性が生まれる。私自身、常々実践していることが2つある。1つは常に「どういう意図だろうか(目的意識)」「なぜそうな...
言葉の経営 ~言葉で知る経営の本質~

先行

先手とは、相手の機先を制して物事を先に行うこと。わが社には何ら強みがないという中小企業経営者がいたが、小回りが利く、意思決定が早いという体勢はくらいは整えられるはず。それらが圧倒的であれば十分に差別化要因となる。企画が早い、見積もりが早い、...
言葉の経営 ~言葉で知る経営の本質~

自主性

自主性とは、自分の判断で行動する態度。最近、多くの職場で見かけるのは、「どうしましょうか?」と常に判断をゆだねる光景だ。協調性は確かに必要だが、それが過ぎると単なる依存度大のイエスマンである。そういった場合は、まずは「あなたならどうする?」...
言葉の経営 ~言葉で知る経営の本質~

具体化

辞書によると具体化とは、はっきりした形や内容を備えてくることとある。世の中の事象は、どれも数多くの事柄の集合体であり、複雑なものである。難しいことを難しく話すのは誰にでもできる。難しいことを噛み砕いて簡単な事柄の集まりとして整理してわかりや...
言葉の経営 ~言葉で知る経営の本質~

考察

考察とは、「物事を明らかにするために十分に考えること」である。しかし、最近、若い社員に欠けていることがこの考察=考えることなのである。自分の頭で考えようとしない。やり方をすぐに教わろうとする。やったらその通りするが、それ以上のことはやらない...
言葉の経営 ~言葉で知る経営の本質~

主観と客観

主観とは、自分ひとりだけの考えであり、客観とは多くの人が持つ一般的ないし普遍的な考えである。 人には、この二つのバランス感覚が大事である。主観ばかりに偏っていると論理性をも失い、感覚的、感情的に物事をとらえるようになってしまう。一方、客観ば...
タイトルとURLをコピーしました